卵

葉酸 烏骨鶏たまご 6個

葉酸 烏骨鶏たまご 10個

葉酸 烏骨鶏たまご 30個

おやつ

烏骨鶏たまごのどら焼き 1個

烏骨鶏たまごのどら焼き 5個

その他

黒烏骨鶏の卵黄にんにく

美味しい酢卵できま酢

おたまはん

定期便コース

葉酸 烏骨鶏たまご

黒烏骨鶏の卵黄にんにく

美味しい酢卵できま酢

配送・送料について

返品について

烏骨鶏の卵の特徴

烏骨鶏苑の烏骨鶏たまごだけの特徴

生産者の思い

お客様の声

森町のご紹介

直売所のご紹介

森町のご紹介

遠州森町は三方を小高い山々に囲まれ、中央を「太田川」が流れる風情豊かな町。かつては火伏せの神「秋葉神社」へ通ずる街道の宿場町として、江戸時代中期頃からは「古着の町」として葛飾北斎の「栄える都市の番付」の前頭に、その名が掲げられるほどの盛況をみせていました。大正十二年七月、森町を訪れた地理学者「志賀重昂」は、山紫水明のこの町を「小京都」と称賛し、以来遠州の小京都と呼ばれるようになり、平成24年11月に全国京都会議に加盟いたしました。

森町の山間部は南アルプス赤石山系の南端に連なり、太田川の上流には「カワセミ」や「アマゴ」も棲息しています。

永い歴史を刻み、人々の信仰を集めている神社や仏閣も数多く点在し、そこに伝承される舞楽や祭りは、森町独自の文化を創出してきました。

新しい世紀に入り、本当の豊かさとは何かを問われています。旅にたとえていえば、さっと自動車で通り過ぎるよりも、ゆっくりと歩いて、見て、触れて、そこにある自然やそこに暮らす人々の「素朴な心」にふれてみる。ここ遠州の小京都「森町」はそんな、人の「こころ」を豊かにできる町でありたいと思います。

遠州森の茶と和菓子

清流と山間の霧、恵まれた自然条件のもとで栽培される森のお茶は、自然の香りをたいせつにした味わいが好評です。和菓子も「梅衣」や「次郎柿羊かん」、「みそまんじゅう」など、森町ならではの甘味が人気です。

森山焼

明治四十四年、中村秀吉氏によって創始され、静岡県下で最も大きな窯場。森山焼は小堀遠州七窯のひとつである志戸呂焼きの流れをくみ、作風は、「炎の芸術」と呼ぶにふさわしい趣で知られます。現在、閑静な森山の麓に四軒の窯元があり、それぞれの陶房独持の作品を創作しています。

森のまつり

江戸時代から続く遠州路最後を飾る秋祭りで、豪華な彫刻を施した十四台の二輪屋台が、伝統の祭囃子が奏でられるなか、勇壮に引き回されます。最終日、神社に奉仕した子どもを各町内の自宅まで屋台に乗せて送る「舞児還し」で祭りは最高潮となります。

アクティ森・森町体験の里

緑の山々と吉川に囲まれて、陶芸、和紙すき、草木染の体験やレストラン、パターゴルフ、テニス、カヌー、レンタルMTBなどが楽しめます。

森のよんな市

「よんない」とは、「お寄りください」という方言。アクティ森の一角にあるよんな市は森町をはじめ、遠州地方の名産や特産をたくさん集めました、新鮮な野菜や手づくりのアイスクリームが大人気です。

小國神社

一四五〇年もの歴史を持ち、老杉繁る参道や境内は、まさに「古代の森」の名にふさわしい荘厳な雰囲気。初詣には、各地から多くの人で賑わいます。春には桜、初夏の花菖蒲、秋の紅葉など、四季を通じて見どころも多い名社です。

石松の墓

浪曲でおなじみ、森の石松の墓で知られる大洞院は、全国に三千四百余の末寺を持つ名刹。境内には「消えずの灯明」、「結界の砂」など、恕仲禅師にまつわる数々の伝説があり、「伝説の寺」とも呼ばれています。